入れ歯

入れ歯は噛めないと諦めていませんか?

患者さんのお口の中を知り尽くした上で、まずはリハビリを行います。筋肉・舌・唇などの筋肉が活性化したタイミングでその筋肉にピッタリの入れ歯を作製して、長く使っていただきます。

お口に入れ歯を合わせる前に、まずはお口を活性化させます

時の経過によってお口がどのように変化してきたか分析する

まずはお口の中をよく診査させていただきます。顎の状態によって、

・歯を失った順番
・かみぐせ
・負担の大きい場所
・唾液の性状、くせ

などいろいろなことがわかります。

現在お使いの義歯、過去に使っていた義歯などからもわかること、参考にできることがたくさんあります。

入れ歯は、歯の部分、プラスチックの歯茎と維持装置(金属などの留金)により構成されます。それらの不具合の改善のために義歯を調整したり、新製したりします。

リハビリによって少しずつお口が活性化していきます

入れ歯は道具ですが、なじむことにより体の一部になります。ゆっくりと時間がかかって変化したお口の中の状況は一瞬の型採りやかみ合わせ採りでうまくいくとは限りません(状況がよければ、それでもいいものができるでしょう)。

口の中の変化やずれは、リハビリによって少しずつ修正されていきます。

歯やあごの粘膜ばかりでなく、いろいろな筋肉などがリハビリ中にもう一度活性化します。活性化した筋肉にあった義歯を新しく作って長く使用できるようにすることが大切だと思います。

本番の入れ歯を作る前に・・

リハビリ入れ歯を使う方法では、

・かみ合わせの高さ
・唇や頬のボリューム、張り
・歯の長さ、大きさ
・粘膜(土手)の傷

などの問題点を解決してから最終本義歯を製作します。場合によってはリハビリ義歯を使って型採りをします。

歯の分布状況により設計をするため料金はケースによる違いが生じますが、噛んだ力をバランスよく分散することが口腔内組織を守ります。


入れ歯作製例

移行的な治療

 

歯の状態を考えた時に、全ての歯が心配ないほど、良い状態であるという事は、まずありません。多少の不安を抱えながらも自分の歯を使わないといけないこともあります。
そのために、後々のことを予測した義歯の設計をしています。

柔軟な対応が可能な入れ歯の作製例①

抜いてなくなった部分に義歯を作り、預かってお使いの義歯にレーザー溶接する事で慣れた義歯をながく大事に使っていただけます。

柔軟な対応が可能な入れ歯の作製例②

今までブリッジとしてつながっている歯がありましたが、その部分がぐらついて噛みにくくなったため、一部は、義歯に。
一部は、それを支える連結したかぶせとしてリフォームしてあります。


入れ歯作製の流れ

1.カウンセリング

入れ歯がどう合わないのか、どこが痛いのか、なるべく詳しくお話を伺います。

2.診査

お口の中の状態を調べます。
※お口の中の写真、レントゲン写真を撮る場合もあります。
※今まで作った入れ歯があれば出来るだけお持ち下さい。

3.診断と説明

診査によって集めた情報を整理して、なぜ入れ歯が合わないのか、なぜ痛むのか、丁寧に説明をいたします。

4.第1ステップ(リハビリ)

※第1ステップには3つの方法があります。
a.現在の入れ歯を使う方法
b.現在の入れ歯を複製して修正する方法
c.1日仕上げ(入れ歯を失くした方)※2日になる場合もあります。

◆現在の入れ歯を使う方法
入れ歯の高さを含めた咬み合わせの修正と、入れ歯の裏側の修正をした後、リハビリの開始。

◆現在の入れ歯を複製して修正する方法
今お持ちの入れ歯の中で一番気に入っている物を数時間お預かりして複製し、複製した入れ歯を使って修正し、リハビリを開始。(元の入れ歯は現状維持します)

5.第2ステップ(新義歯製作)

リハビリによって活性化した筋肉、粘膜の状態で型採りをして精密な入れ歯を作製します。

おおくま歯科の口コミ・評判
おおくま歯科地図

〒501-6111 岐阜県岐阜市柳津町宮東3-24(岐阜県町から車で約10分 / 名鉄竹鼻線 柳津駅から徒歩5分)

Google map を見る